スクールカウンセラー

スクールカウンセラー

心理カウンセラーが働く場所として増えているのが学校などの教育施設です。大人たちだけではなく、子供たちを取り巻く世界も複雑化している今、心理カウンセリングを求めている生徒や教職員が増えています。そのためスクールカウンセラーを置く学校も同じくどんどん増えているんですね。

 

スクールカウンセラーの雇用形態としては、一つの学校に常勤するのではなく、週に1〜2回ほど出向き合計で8〜10時間ほどカウンセリングの仕事をするといった形態が多いです。非常勤職員という雇用形態ということです。

 

収入は学校や自治体によってバラつきはありますが、全国平均で時給5,000円くらいとなっています。週一回・8時間勤務とすると一か月の収入は16万円前後となります。そう考えるとスクールカウンセラーの仕事はかなり高収入だと言えますね。

 

しかし、国公立の学校でスクールカウンセラーとして働くには、かなり厳しい条件があります。それは臨床心理士・精神科医・大学教員の3つのうち1つの資格が必要となります。スクールカウンセラーになる条件は厳しいものですが、とてもやりがいのある仕事です。
今後もっと需要が増えるであろうスクールカウンセラー。資格を持っておく価値はあります。